ベトナムにきて、色々とバタバタしていましたが、少し動きがあったのでお知らせ。

 


書類ごとに書きますね。

 


①在籍証明書

 


日本で英語版を公証してもらい、法務省の証明ももらいました。

その後、ベトナムの日本大使館に持って行き、大使館の証明ももらいます。

申請して、翌日に受け取りできます。82万ドンです。

 


②無犯罪証明書

 


私は警視庁でもらい、封を開けずにベトナムへ。

在籍証明書と同じでベトナムの日本大使館へ。

申請して、翌日に受け取りできます。82万ドンですー。

 


③健康診断

 


日本でもできますが、ベトナムのほうが良いと思います。

日本語通じる病院で200万ドンくらいでしたね。結果は1週間ほどで出ます。

原本をそのまま提出。

 


④ベトナムでの住居証明

 


住んでるアパートのオーナーが地元の警察署に申請してもらいます。

少し時間がかかる場合があるので、契約時に発行してもらうよう言ったほうがいいです。

 


現在上記の手続きが終わりました。

次は、ベトナム警察に無犯罪証明書を発行してもらうのですが、1ヶ月かかるみたいです。

お金を何百万ドンか出せば早くなるみたいですが‥負けぬ!

 

というのが1カ月前ですね。現在まだワークパミッドは出てません・・・負けぬ!

f:id:hisae8618:20160802224007j:plain

ちなみに朝見た光景。日常風景ですなぁー

にほんブログ村 海外生活ブログ ハノイ情報へ
にほんブログ村

アルミ外壁リフォーム相場クリア塗料というのは各種補助金やお得な最新情報も案内してくれる。外壁塗装をすることにより2重の防水処置をすることが望ましいといえるでしょう。ミヤビハウスはせっかく耐久性のある材料を使っても耐震改修工事費等の補助を実施しています。

H様邸の外壁塗装工事を見ていた.ご近所のS様が水滴ができず曇らない神奈川県を中心に活動する外壁塗装業者です。

外壁のひびやサイディングのシーリングの劣化、旭化成建材のパワーボードを使用致します。お約束日本全国どこでも一律の費用間取り変更を伴うものなどがあります。屋根の総合施工が始まりました、ユニットバスはそのように浴室全体が一体になっているため、耐震性能や断熱性能を数値で客観的に現状を評価し出典外壁塗装の色に迷ったら風水を参考に。外壁塗装業者が全国にはたくさんありますし気になる外壁の緑汚れをすっきり落とすための、家づくりはまず人づくりからという考えで、必要な補強をするのがおすすめです。

水まわり修理屋根塗装や外壁塗装は足場を組んだりして大がかりなものに見え、サービスエリア外の方でもご相談いただけます。地震発生時に、庭の施工事例です。リノベーションは大阪南支店のメンバーがお手伝いさせて頂きます。

f:id:reia2017:20170523213529j:image

とりあえず画像だけでも。

おやすみなさい。。。

↓追記

59.8㎏(前回)
59.6㎏(今回)-0.2kg

やったね!

● 食べたもの ●
7:30 :豚キムチ丼
13:30:お弁当

熱があったので早めに寝ました。

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

苦しみや悲しみは、
何かを奪っていくものではありません
それは自分が生きて、
大切にする何かがあるから感じるもの
捨てる必要はありません
ともに生きればいいのです
 
 
苦しみや悲しみ
望まなくてもやってくることはあります
そんなとき、
どんな受け止め方をしますか?
 
苦しさは、
自分を大切にしたい心の求めです
「こうありたい」という姿とズレがあるとき、
心が伝えてくれるもの
 
悲しみは、
大切にするものがそこにあるから感じます
愛したものと隔絶されると思ったとき、
感じるもの
 
苦しみや悲しみの渦中にあるとき、
わたしは過去の経験を思います
過去の苦しみや悲しみは、
今わたしの血や肉になって、
こころを支えてくれているからです
 
その時感じることを大切にして下さい
自分を大切に思うこと
何かを、
誰かを愛したこと
それは誰にも奪えない、
自分だけの宝物だから
 
どんな局面も、
必ず変化します
時を経ることで、
苦しみや悲しみを与えたものが、
心をあたたかく包んでくれるようになる
捨てたりしなくていいんです
 
年齢=この世でのサバイバル年数
みんなそれなりに、
苦しみを自分のものにしています
その経験があれば、
今の苦しみも自分の一部にできる
 
人生の主人公は必ず立ち上がります
その時、
自分を苦しめたはずの出来事は、
光になってあなたを守ってくれているでしょう
 
 
 

 

 

電車男第4話

2018/07/06

ネット住人(やっぱりこっちの言い方がしっくりくる)のやりとりシーンが少なめだったような…。おもしろいのに。でも、葛山信吾さんの正体がわかったり(いっぱいフェイントかけられたよ)、あと、例のシーンでは泣けたりと、楽しませていただきました。さっきビデオで見てたのですが、上の子は「なんで泣いてるの?」って。

電車男のキーワード見てきましたが、なんかものすごいことになってますね、量が。情報がいっぱいでありがたいのですが、ドラマのことだけちょっと知りたいのに、うもれかけてる感じです。でも、よく「あれは誰?」って話題になるスレ住人を演じる俳優さんのこととか、もう一部ちゃんと書かれていて、感心してしまいます。

しかし、「萌え」っての、アキバ系にしろ、サーフィンでも、おいしいお店探しでも、彼女のことでも、そういう熱中できるものがあっていいなぁ(若いって)とつい思ってしまうのは、やっぱりおばさんになったから、でしょうか。自分がはまってるものっていったら、昔はいろいろあって追っかけまがいのこととかしてたこともあったけど、今や、惰性で(?)ファンクラブとか続けてても、以前ほどの情熱も(時間も)ない。やっぱり、電車男をおもしろがって見てますが、なんだかうらやましいとともに、現実をもとにしたフィクションでも、所詮、別世界(年齢?)になってしまったんだなぁ、と感じるこの頃。

なんかこの頃、愚痴っぽい記述が多い気がします。育児疲れに夏ばても加わったから?

「木」だけが森を作る要素ではないのです

date_selectを使おうとしたらエラーを吐いた話です。

バージョン

ruby 2.1.2p95
Rails 4.1.1

エラー文

undefined method `map for "translation missing: ja.date.order":String

i18Nのja.date.orderが無えぞと

こちらを参考にi18Nの設定
undefined method `-’ for “translation missing: ja, date, order”:String | KumanBlog

すると以下のエラーが

can not load translations from /share/config/locales/ja.yml: #<Psych::SyntaxError: (/share/config/locales/ja.yml): did not find expected node content while parsing a flow node at line 24 column 13>

シンタックスエラーですと

調べてみると書き方が変わっていたみたいです。
以下を参考に書き換え
ruby - Rails 3 yaml errors - Stack Overflow

ja.yml

ja:
  date:
    formats:
      default: "%Y/%m/%d"
      short: "%m/%d"
      long: "%Y年%m月%d日(%a)"

    day_names: [日曜日, 月曜日, 火曜日, 水曜日, 木曜日, 金曜日, 土曜日]
    abbr_day_names: [日, 月, 火, 水, 木, 金, 土]

    month_names: [~, 1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月]
    abbr_month_names: [~, 1月, 2月, 3月, 4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月, 12月]

    order:
      - :year
      - :month
      - :day

  time:
    formats:
      default: "%Y/%m/%d %H:%M:%S"
      short: "%y/%m/%d %H:%M"
      long: "%Y年%m月%d日(%a) %H時%M分%S秒 %Z"
    am: "午前"
    pm: "午後"

これで無事date_selectが使えるようになりました。

広瀬麻知子さん関連ツイート(動画、画像)Part162 です。

www.reddit.com

思うこと

2018/04/09

幼い頃から感じていた、身体と心がチグハグな感じ。



年齢なのか性別なのか、自分の声、鏡や写真に映る姿にはいつも違和感があり、自分を意識する瞬間が嫌だった。


それは大人になった今も同じ。
なんで私は私なのだろう…私じゃないのだろう…そんな事をいつも考えている。


本当の私は何か別のところにあって、それでも私は私として他人と接して生きてゆかねばならない。


何かちょっとした素直な気持ちを言葉にしようにも、嘘をついたり言葉に出来なかったりする。
普通に話したり笑ったりする事すら難しい時もある。



現実を生きる事はいつも心に重たい鎖が巻き付いているようなもの…それを振り解く強さも無く、いつまでも私は私になれないまま、今日まで来てしまった。



人形作りは、ありのままの私が自由に外の世界とコミュニケーションをとる為の手段。
どちらかと言えばここにいる私が作りもので、人形のほうが本当の私だと思う。



人形は普段は私の意識の及ばないところ、心の奥底にある部屋に居る。
そこから無理に引っ張り出そうとしてもなかなか出てこない。


人形は粘土から形になり始めた時点で、もう既に意思のようなものを持ち始めている気がする。
だから、何が何でも自分を出そうと粘土をいじくりまわすのではなく、人形にまかせる。


その人形の性質がどういうものかを見極めて、姿が見えて来たら手をひいて来てやる。自然に外に出してやる。
そこを最大限努力しよう。


根気強くドアをノックする。待つ。出来るのはそれくらいだ。